評価感想『ワールド・ウォー・Z』パンデミック風ゾンビアクション映画

2020-02-12

映画『ワールド・ウォー・Z』は世界中をゾンビ風のウイルスが襲い次々と人々が感染していく中、元国連調査員のレイン(ブラピ)が家族を、そして世界を救う為に奔走する。アクション映画の様相が強いウイルス感染によるパンデミック映画です。

アクション映画として、ほげる的に面白く見られます、おすすめの作品です

あらすじ ネタバレあり

妻と子供二人を連れて車を運転しているジェリー・レインは、元国連職員で危険地域の調査員をしていた。
警察のオートバイがレインの車のバックミラーを壊しそのまま通り過ぎるのをみて、どことなく街の様子が慌ただしくなったのを感じていた。遠くから響く爆発音、悲鳴と逃げまどう人達。
どうやら狂人の一団が人々に襲いかかり噛みついているようだ。噛みつかれた人々も次々と狂って人々を襲い始める。感染だ!
レインは車を走らせて街をなんとか脱出するも、スーパーやホームセンター等あらゆるところが混乱状態だ。どこもかしこも感染者であふれかえり、感染者の驚くほどの行動力と生命力で次々と人々が感染していく。
レイン一家はなんとか街のアパートに逃げ込み、国連の元同僚からの助けを待ち、屋上からヘリで海上の空母へ命からがら待避できた。
空母には世界各地・全米の情報が集まるが状況は散々たるものだ。
レインは学者を連れて、感染源を探るべく韓国へ派遣される。韓国では、最初の感染者がいると言われゾンビと言う言葉が初めて情報として入ってきたためだ。
韓国では最初の感染者の重要な手がかりは手に入れられなかったかわりに、イスラエルが完全隔離に成功した情報を手に入れた。
次はイスラエルで重要人物に会い情報収集するが、インドが発症地との情報を得たのみで感染者治癒に繋がる重要な手がかりは得られなかった。そして時を同じくしてイスラエルもゾンビによって首都が陥落した。
レインのゾンビ観察の結果から、音に反応すること、死に繋がる病気の人を避ける行動をすることが仮説としてわかってきた。仮説を証明するためにスイスWHOの研究機関へ飛ぶ。
レインは研究機関にて、致死性の高いウイルスを手に入れるため研究棟へ向かうがそこはゾンビの巣窟だった。
音を立てないように、致死性ウイルスのある高レベルウイルス研究室へなんとか忍び込むも、ゾンビに入り口を塞がれ絶体絶命となった。レインは仮説を証明し難を逃れるため、致死性ウイルスを自身の腕に注射し、ゾンビの目の前に立った。
なんと、ゾンビはレインを認識できない、助かった。

WHOは世界中にゾンビから透明化する致死性を装う偽装ワクチンを製造しばらまいた。
世界中でゾンビは終息していないが、人類は時間を稼ぐことが出来た。。。

映画情報&キャスト

https://www.youtube.com/ より

『ワールド・ウォーZ』 2013年 アメリカ
【原題】World War Z
【監督】マーク・フォースター
【脚本】マシュー・マイケル・カーナハン
    ドリュー・ゴダード
    デイモン・リンデロフ
【原作】マックス・ブルックス
    『WORLD WAR Z』
【製作】ブラッド・ピット
    デデ・ガードナー
    ジェレミー・クライナー
    イアン・ブライス
【製作総指揮】
    デヴィッド・エリソン
    デイナ・ゴールドバーグ
    ティム・ヘディントン
    グレアム・キング
    ポール・シュウェイク
    ブラッドフォード・シンプソン
【出演者】
ジェリー・レイン(ブラッド・ピット)
 :元国連現地調査員
  家族思いで、国連調査員をリタイヤするも
  国連からは絶大な信頼を得ている
  「危険な状況の時には動かないと、生き延びられない」
  を信条にしている

合わせて読みたいパンデミック映画特集

感想考察

映画はパンデミック系ゾンビ作品

『ワールドウォーZ』イメージ画像
https://www.facebook.com/pg/World.War.Z.jp/より

映画の方向性としては、ウイルス感染系というよりもゾンビ色の方がより強くでています。

色々の批判も多くゾンビ物にもウイルス感染物にもなりきれない、中途半端であることも事実ですが”ほげる”個人的には好きな映画の一つです。

見る人によっては不真面目に映るかもしれませんが、良くも悪くもブラピ様の映画でブラピがいないと成り立たない映画ではありますが、ウイルス感染やパンデミックには割と真面目に取り組んでいると思います。

  • 死者ではない
  • 咬まれることが感染の媒介である
  • 国レベルで感染予防を徹底しようとするところ
  • 感染源、発症源を調べるところ

物言いも付くとは思いますが、こういった所もあると言うことです。

逆に残念ポイントを上げると

  • 血液が口に含んでしまっても感染しない
  • ゾンビ化までが短すぎ10-15秒
  • 行動力ありすぎる、活発すぎるゾンビ
  • 音にしか反応しない
  • 致死性ウイルスをゾンビが嗅ぎ分けるプロセスがよくわからない

ですので結論はパンデミックを意識したゾンビ映画

映画としての突っ込みどころ満載・気にくわないポイント

パンデミック・集団ヒステリー、ディストピア映画、アクション映画としては見る価値はあると思っています。あくまでも個人的な見解ですが、ほげる的には面白く見られました。

一方で設定や理屈会わない突っ込みどころが満載なのも事実。この辺をもう少し丁寧に作り込んで欲しかったのは非情に残念

以下順不同、残念ポイント

  • いくら優秀な調査員でも、この状況で国連がピンポイントで助けに来てくれるかな?
  • 家族だけ無傷って
  • 娘の喘息の伏線がどこにも役に立たなかった
  • 嫁がなんで衛星電話を持って自由に使えるのかな?作戦行動中だよね
  • どうして飛行機墜落して、ブラピ一行だけ生き残るかな
  • イスラエルの人達バカすぎです
  • 壁を作るのに成功しているのに検疫体制甘過ぎ入るかな
  • 音に反応するのに拡声器で踊ってどうする
  • ブラピが入るときに陥落しなくてもいいよね(ブラピの行動に直接関係ないんだから)
  • 韓国の伏線必要?韓国人出てこないし(米軍基地だから)
  • 北朝鮮で歯を全部抜いた話が・・・
  • 実際あのスピードの感染かつ、感染でしなないとなると人類絶滅

アクション映画としては高評価

『ワールドウォーターZ』を見て、凄いと単純に思ったのはCGだとわかっていても
「人って積み上がるんだ」につきますね。
他のアクション要素も多分にあり、都市部での逃げ惑う人達など、どうやって撮影したんだろうって興味はあります。それぐらいアクションのシーンを並べると必見する物があります。まあ製作予算も1億ドルを計上しているので、なんでもやりたい放題ですね。

売上も5億ドルなので興行成績的には非常に成功したと言えます。

どうしても考えちゃいますけどね、ブラピでなく、この予算使えなかったら、脚本や構成的にはB級の部類かもしれないなぁーとはね。でも結果的に面白いのでいいと思います。

続編も作りやすいと思うので、『28日後』のように少し人間ドラマを盛り込むとかするといいかもしれません。

海外の評価 2020/03時点

評価は、批評家・視聴者ともに高い数値です。一般視聴者よりも批評家サイドから評価が高いですね。

imdbイメージ画像
Metascore
(批評家)
63
User rating7.0/10
ROTTENTOMATOイメージ画像
TOMATOMETTER
(批評家)
66
Audience72

映画の感想まとめ

製作予算をふんだんに使った、ゾンビのアクション映画としては高評価で見応えたっぷりです。なんといってもエキストラや撮影キャスト含め相当な作り込みが必要であったともいます。

一方でブラピ以外は特筆すべくキャストもおらず、ブラピだけで完結してしまっているのと都合が良すぎる設定がB級っぽいです。何度も言いますが個人的にはキライじゃあ無いんですが、娯楽としてみるのが良いでしょう。

子供と一緒に見ても安全で暴力シーンや凄惨なシーンはあまりないです(一般的なアクション映画としてのシーンはあります)

アクションを見て、ゾンビな気持ちの時(どんな時だ?)に見る映画です

おすすめの作品です。

独善的評価[5段階]としては
 映像・音楽      5
 キャスト       3
 ストーリー構成    3
 初見で読み取れない謎 3

いつも通り、この映画の評価も毎度同じでが、 基本どんな映画でも大好きな”ほげる”としては、おすすめ作品と思います。