FODプレミアム

『ノロイ』B級と侮るなかれ!見えないから怖い:コラム的映画あらすじ評価感想・動画配信

映画『ノロイ』は2005年に公開された日本のホラー映画!ドキュメンタリー風の映画タッチはモキュメンタリーとされる本物風の映画仕立て!単なるB級ではない、ブレアウイッチ好きならはまること間違いなし!心霊ドキュメンタリーのビデオを見ながら恐怖を追っていく・・

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年09月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

いやー・・・日本映画のホラーで以前ご紹介した『恐怖』をみてから、日本ホラー映画はシリアスになんかチープ方向にやばいな・・・とか考えていたのだが、出会ってしまいましたよ・・・良作に!

ちょい古い映画ですが、前回はタイトルに惹かれた(藤井美菜と中村ゆりに惹かれたわけではありません。その二人には以前からずっと惹かれております。)から失敗したな・・・と思っていたので、今回紹介する『ノロイ』もタイトルはそのまんまだし、DVDの表紙『ももののけ姫』のサンがつけていたようなお面だったため、ジブリの出来損ないみたいな感じがぷんぷんしていたのだが・・・裏切られましたよ・・いい意味で!

というわけで早速あらすじの紹介に行ってみましょう。

心霊ドキュメンタリー作家の小林雅文の自宅が全焼し、小林の妻は遺体で発見され、小林自身は行方不明となっていた。彼の手がかりを探すべく、彼が最後に製作した心霊ドキュメンタリー「ノロイ」を検証すると、そこには想像を絶する恐怖が収められていた・・・

あらすじがシンプルになっちゃいましたが、まぁ的を得ているので問題ないかと思います。

要するに行方不明になった心霊ドキュメンタリー動画監督の小林が行方不明になるまでの経緯がビデオに収められいるというストーリー仕立てになっているのですが、このビデオがまぁーよくできている。

映画とかだと画像綺麗にしたりするじゃん?そういう気遣い一切なし。洋画で例えるならば『ブレアウィッチプロジェクト』に近い仕上がりになっているわけですよ。

韓国映画のモキュメンタリー『コンジウム』なんてのもあったけど、見えそうでみえない、5感に訴える感じがかえって怖いタイプの映画ですね。

んでまぁ肝心のノロイとはなんぞやという話なんですけど、カグタバの呪いという民俗伝承に伝わる呪いが取材メンバー達に広がる様子がビデオにずっと収められているんですが、最初というか後半まではお化けなんかほとんど出てこないわけです。

まぁ取り憑かれた「なんでそんな言い方できんだよ!」おばさんとか鳥の死骸とかそういうのはびっくりシーンで出てくるんだけど、それ以外は本当にえ!?今映ってた!?

みたいなさりげない描写が多くて、しかも作中の小林さんが動画編集とか調査のために自身がとったビデオを確認する際に見ている側も認識するという・・・

小林さんと同じ恐怖を感じながら見ている気分を味わえるという点がすごい良かった。

あと、松本まりかさんがハマり役というかすごく恐怖を感じるシーンが上手だなと・・・あくまで売れない女優さん感を出しながら、なんで私がこんなのに巻き込まれるわけ!?

まあ、いまめっちゃ流行りの女優さんで撮影当時は本当に今ほど売れてなかったでしょうから、あながちガチのリアルで「なんで私がこんな・・・」みなたいな演技ができていたのかもしれないですけどね。

とにかく、そういうイヤイヤ感、みたいなのがすごい伝わってくるわけです。

映画なんだけど、夏休みの深夜にやっている心霊特集みたいな側面もあっていい意味でチープでありながら、怖い点はガッツリ怖いという感じ。

総じていえば一回は見た方がいいホラー映画。

映画としてのホラーよりも身近な恐怖をより感じられる作品なんじゃないかなと思う一方、松本まりかさんが有名になってしまったのが喜ばしい一方で、松本まりかさんが今ほど有名じゃない時に見るともっと怖かったんじゃないかな・・・と思う映画だった。

松本まりかさんは劇中でおかしくなってしまうので、無名時代の松本まりかさんであれば、他の作品やメディアでの活躍が確認できず、え?この映画ってフィクションじゃなくて実はガチなの・・・?

みたいな空気のまま終わるので・・・

余談だが、さりげなくアンガールズ田中が出演しているのが地味に笑ってしまった一方で、小林監督がカグタバの呪いの発祥の地で身元不明な男の子を家に連れて帰るとことが奥さんの焼死を招いてしまう原因となるのだが、いやいやいや!そんな怪しい男の子家に連れて帰るなんて絶対おかしいでしょ!とリアリティを追求した映画である一方で最後の最後に最大のツッコミどころがあったなと感じた今日この頃・・・

― hogeru -

あわせてみたい