U-NEXT

『サバハ』Netflix配信の謎解き新感覚ホラー:コラム的映画あらすじ評価感想・動画配信

映画『サバハ』(娑婆訶, ソバカ)は2019年公開の韓国のホラー映画、日本ではNetflixで配信されている!韓国宗教団体の抱える闇を題材に仏教教義に踏み込むサスペンス仕立てのホラー映画で韓国ではイ・ジェインが各映画賞で新人女優賞などを受賞して評価されている

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年09月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

最近はもっぱらホラーといえば韓国だったり、タイの映画を見てる気がする。

日本のもあるんだけどさ・・・白塗り親子とか、テレビから出てくる彼女とかの黄金世代が引退した今、そこまでの格のある、みたいジャパニーズホラーがないというのが正直な意見だ。

今回紹介する『サバハ』という映画は、正直お化けですよ!みたいな感じではなく、人間が一番闇があって怖いですよ!みたいな映画なので興味をそそられて鑑賞した次第だ。

それでは早速あらすじの説明をしよう。

新興宗教の不正や問題を記事にして日銭を稼ぐパク牧師。彼はとある宗教団体に目をつけ、その宗教団体の記事を書くべく調査を開始する。問題の宗教団体は、信者の支援などを行う一見問題がない団体のように見えた一方で、彼らが教典としている本をパク牧師が見たことをきっかけに、彼らがひた隠しにしていた闇が暴かれ始める・・・

オープニングからこわ!っと思ってしまうシーンが連発。。。

しかも映画の宣伝の静止画は、ヘビだったじゃん!なのになのに、だっていきなり黒やぎさんのメ〜から始まるんだもの。そして同じくオープニングで描かれている双子の出産。

これは後半の大いなる伏線となるのだが・・・韓国ホラー映画らしく所々にグロテスクな描写がある一方で、心霊的な描写はそこまでえぐくないというのが正直な感想。

それよりも、宗教団体の闇を暴くというサスペンス的な要素がふんだんに盛り込まれているので、パク牧師とともにストーリーの謎解きを一緒にしていく感じがして面白いと感じた。まぁパク牧師も宗教団体の不正を暴くとか言いながら犯罪スレスレの行為をしているので、お前がいうな!と思うシーンは多々あったが・・・

ネタバレをしてしまうと、宗教団体の教典は実は悪魔の子供の予言をした書物であって、宗教団体の信者で四天王と呼ばれる存在が、悪魔の子を見つけるために悪魔の子が生まれた地域の神のために殺し続けていたという・・・悪魔の子を殺すことで、宗教団体の教祖は光の存在となり永遠の命が得られるのという話なのだ!

あれ?どっかで聞いた事がある、キリスト生誕だよ、ベツレヘムの虐殺・・

そういえば、モーゼもそうだったよね…そうだよね。

韓国と言う国のせいかキリスト教と仏教の話が入り乱れて、新興宗教の話が構成されているのも、また特徴でしょう。話の流れの中で、麻原彰晃の名前が飛び出した時には、日本もメジャーになっていますなと思ってしまいますが、多くの日本人には宗教観はあまりないので、ピンとこないことが多いでしょうね

が・・・それにしても経典の情報が曖昧すぎますわ!韓国は日本のマイナンバー制度のようなものがあり、国民ナンバーがあれば住所とかが全部わかるのだが、ある年代にある町で生まれた子って・・・たくさんいますやん!と正直に思ってしまったんですが・・・

この四天王はめっちゃ殺している・・・

まあ、確率悪すぎじゃね?と・・・ハリーポッターのヴォルデモートですら自身の仇となる運命の子供は、ハリーかネビルの2分の1だったというのに・・・そりゃー子供を殺していた四天王だって迷いますよ。

だって悪魔の子一人に対して、他の子供は一般の子な訳なので、無実の命を奪いまくってしまったという罪悪感も感じますよ・・・

あと経典に記されたメッセージも複雑なのに、パク牧師よくお気づきになられましたな!とも思った。名探偵コナンもびっくりの名推理だったので、パク牧師・・・あんたなんでそんなよくわからん仕事してはりますのん・・・と思ってしまった次第である。

何かこの謎ときの世界観は、すげー昔の漫画を思い出しますよん。サバハも読み方として「娑婆訶, ソバカ」だしね、『孔雀王』的な感じもあり

正直四天王が子供をたくさん殺したことによって教祖様が光の存在になったのかは映画を見て欲しいと思うが、サスペンス的な要素もあり、たまにお化けらしきものも出てくる面白いホラーである一方、ちょっとそれは無理があることなーい?みたいな矛盾点も見られる映画だと思う。

映画を観ていると、『オーメン/最後の闘争』的な要素も多分にあり、音楽や効果音と映像の使い方は流石、韓国めっちゃ怖いわけですしね。

総じていえば、見る人の好みで大きく別れてしまう映画。おそらくこの映画よりも前に『コクソン』という同じ系統の映画を見て、面白い人はサバハも面白い、コクソンつまんねーよという人はサバハもつまんないという感じで見るか見ないかをジャッジすれば良いかと思う。

余談だが、作品途中の寺院のお坊さんがすげーリッチな生活をしているのがちょっと面白かった。

自動式のコーヒーメイカーでエスプレッソを嗜んでおられましたが、あんた煩悩に溢れておりますやん!

とツッコミを入れたくなる一方で、彼が実は物語の鍵を握るキーパーソンだったりするのも展開を読ませない秀逸な描き方なのか・・・

― hogeru -

あわせてみたい