FODプレミアム

『唐人街探偵 東京MISSION』何故か世界で大ヒット!ドタバタ珍道中:動画配信・映画感想あらすじ考察

映画『唐人街探偵 東京MISSION』は2021年の中国で公開されたコメディー映画!シリーズ3作目にして日本の東京が舞台の大騒動に!チン・フォンとタン・レンは東京での密室殺人事件の依頼を受け、東京で事件解決をしようとするが・・

なんだか、日本人が外国の映画に出ていると

やっぱグローバルになったよねーとか思ったりする一方で、シリーズ物には東京ミッションとか
東京ドリフトとか、そんな日本とか東京が必ずはいってきたりする。

そういうシリーズの法則みたいなものがあるのかもね。。

と前置き長くなりました・・

本作は『僕はチャイナタウンの名探偵』、『唐人街探偵 NEW YORK MISSION』とシリーズ第3作目であり、バンコク、ニューヨークに続き、東京編となっています

本作には、シリーズ2作目に続いて妻夫木聡の出演、

そして長澤まさみ、三浦友和などの豪華日本人キャストも参加し、話題になりました。

3のおすすめ(5点満点)

感想中心となります

それでは見ていきましょう

あらすじ ネタバレなし

中国警察の学生であるチン・フォンは探偵の叔父タン・レンと共にバンコク・ニューヨークで事件を解決して来たのだが、日本の探偵の野田に依頼を受け、東京へ向かうことになる

東南アジア商会の会長であるスー・チャーウェイは日本のヤクザの組長の渡辺勝との会食中に亡くなってしまう。密室だったため、密室殺人事件とされ、渡辺がこの事件の容疑者として逮捕されるが、身に覚えのない冤罪だと訴え、渡辺は野田に依頼したのだ。

この事件を聞きつけた推理アプリ「CRIMASTER」のランキングを争う探偵たちが東京に集まり争い始める。しかし、ランキング一位である「Q」の登場によって、チン・フォンたちは惑わされ始め・・・。

果たして、チン・フォンたちは事件を解決できるのか?そして、この事件の真相とは?

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年09月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画情報&キャスト

『唐人街探偵 東京MISSION』2021年 中国
【監督】チェン・スーチェン
【脚本】チェン・スーチェン
【音楽】ネイサン・ワン
【撮影】杜杰
【出演】
タン・レン(ワン・バオチャン)
:自堕落な性格で、大ボラ吹きの自称探偵。
チン・フォン(リウ・ハオラン)
:中国の警察学校の学生で、叔父のタン・レンとのチームで推理アプリ「CRIMASTER」世界第2位。
野田 昊(妻夫木聡)
:日本の探偵で、チン・フォン、タン・レンのチームと推理アプリ「CRIMASTER」世界第2位の座を争う。
ジャック・ジャー(トニー・ジャー)
:タイの探偵で元刑事。推理アプリ「CRIMASTER」世界第10位。
KIKO(シャン・ユーシエン)
:推理アプリ「CRIMASTER」世界第5位の香港の探偵で、ハッキングを得意とする。
リン・モウ(ロイ・チウ)
:タン・レンの弟子で、推理アプリ「CRIMASTER」世界第4位。
渡辺 勝(三浦友和)
:日本のヤクザの組長で、密室殺人の容疑をかけられ、事件の解決を野田昊に依頼した。
小林杏奈(長澤まさみ)
:東南アジア商会会長・スー・チャーウェイの秘書。スーが密室殺人事件により殺害された後、誘拐事件に巻き込まれてしまう。
林奈(ジャニス・マン)
:小林杏奈の母親で中国人。
川村芳子(鈴木保奈美)
:双子の妹で、東京地検特捜部の主任検事。
川村晴子(鈴木保奈美)
:双子の姉で、裁判官で、スー・チャーウェイの密室殺人事件の審理を担当している。

超感想中心の評価考察・レビュー

本作は3作目!舞台は東京!

本作は先程も書いたように、タイのバンコク、アメリカのニューヨークでの事件に続き、第3作目

今までの作品は、製作した中国ではかなりの大ヒット作として知られています。

特に2作目は、中国史上5本の指に入る、公開7日目の興行収入となったそうな

その、第3作!

日本での公開は初めてです。

本作では、日本の豪華な俳優陣が出演しているということでも話題となりましたが、公開が延期となり、2021年の7月にようやく公開となっています

本作でシリーズ終了という噂もありましたが、ラストにロンドンを連想させるシーンが登場したことから、次回作も期待されています

中国側から描いた日本という国!

本作は日本編ということで、東京の魅力がたくさん描かれており、現在旅行がしにくい世の中ではありますが、旅行に行ったような雰囲気が味わえる作品とも言えるでしょう。

例えば、渋谷のスクランブル交差点がCGで再現されていたり、浅草の街並みや観光バス、マリオのゴーカート、花火など、さまざまな東京の景色を見ることができます。

旅行気分が味わいたい方にはおすすめですが、正直日本を知らない海外の方が作った感が強いのも事実です。

日本を誇張しすぎており、日本はこう見られているのだなと感じずにはいられない作品でした。

まあ、日本ってこうなりますよね。って感じが満載です

事件の真相 ネタバレあり

スー・チャーウェイを殺した犯人は、すばり彼の秘書であった小林杏奈でした

その理由としては、父親に対する恨み

そのもの

それは、杏奈は幼い頃に、父親に捨てられ、母親と二人で暮らしていました。
母親は杏奈を食べさせるために、盗みを繰り返し、逮捕され、牢獄で亡くなっていたのです

杏奈は母の死を悲しみ、父を追って東南アジア商会会長・スー・チャーウェイの秘書になっていたのです。そうです、杏奈の父親は日本のヤクザである渡辺勝

彼女は渡辺に母親と同じように牢獄で苦しみながら死んでほしいと願い、そのために、彼女はスー・チャーウェイを殺し、罪を渡辺になすりつけたのです。渡辺も彼女が犯人だと分かり、罪を認めますが、杏奈は逮捕されてしまうのです。

映画の感想まとめ

本作は中国のお祭り映画というようなシリーズの作品です。
正直、好きな方と嫌いな方、両極端に分かれる作品だと思いまね

はい

かくいう私も、若干苦手です。

シリーズものだとはいえ、冒頭で説明もあり、分かりやすい作品で万人受けする作品ではあります。
ですが、あまり内容は正直ないので、お祭り騒ぎ感のある作品が好きではない方にはおすすめしません