FODプレミアム

『俺たちホームズ&ワトソン』”俺たち”付けば面白い!くだらなさ過ぎて爆笑間違いなし!:動画配信・映画感想あらすじ考察

映画『俺たちホームズ&ワトソン』は2018年公開のアメリカのコメディ映画!ご存じの俺たちって感じの下品系の映画です。シャーロックホームズのもとにヴィクトリア女王暗殺計画があるとの一報を受ける。ホームズとワトソンがモリアーティーの計画を阻止しようと奮闘する。

なぜか、タイトルに”俺たち”が入ると

シリーズでもないのに、くだらなくてお下劣お下品で

そして面白い!

そんな法則が成り立っているかもしれない・・・

今日は、そんな映画を紹介します

とにかく、「面白い」の一言です!

ウィル・フェレルが出演していれば、爆笑必死間違いなしです!

本作はラズベリー賞に見事6部門ノミネートし、

潸然と輝いているので、面白くないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。がしかし、刮目してよーく爆笑してみてほしい。

本当に素でみてください。

ラズベリーってことはないでしょう。そんなことはありません。

今回はどんなウィル・フェレルの一面が見られるのか、本当に楽しみです!

めっちゃおすすめの作品です

4のおすすめ(5点満点)

感想中心となります

それでは見ていきましょう

あらすじ ネタバレなし

名探偵として有名なホームズとワトソン

彼らはホームズのサプライズ誕生日のパーティーに招かれ、そこで偶然にもモリアーティー教授からの脅迫状を発見してしまう。そこには、女王の殺害予告が書かれていた。

彼らは女王の殺人予告を回避し、犯人を見つけることができるのだろうか?

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年09月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画情報&キャスト

今さら言えない小さな秘密』2018年 フランスu003cbru003e【監督】ピエール・ゴドーu003cbru003e【脚本】ギヨーム・ローランu003cbru003e    ピエール・ゴドーu003cbru003e    『俺たちホームズ&ワトソン』 2018年 アメリカ
【監督】イータン・コーエン
【脚本】イータン・コーエン
【音楽】マーク・マザーズボー
【撮影】オリヴァー・ウッド
【出演者】
シャーロック・ホームズ(ウィル・フェレル)
 :名探偵? 迷探偵!
ジョン・ワトソン(ジョン・C・ライリー)
 :ホームズの相棒で、親友。
グレース・ハート医師(レベッカ・ホール)
 : アメリカの女医。
レストレード警部(ロブ・ブライドン)
 : ホームズの事件をいつも捜査している。
ハドソン夫人(ケリー・マクドナルド)
 : 住み込みのメイド。
ミリー(ローレン・ラプカス)
 : ハート医師の助手。知能が低く、しゃべらない。
モリアーティ教授(レイフ・ファインズ)
 :ヴィクトリア女王の暗殺計画をしている。
グスタフ・クリンガー(スティーヴ・クーガン)
 :タトゥーの彫師。
ヴィクトリア女王(パム・フェリス)
 :イギリスの女王。

超感想中心の評価考察・レビュー

ウィル・フェレルの「俺たちシリーズ」

ウィル・フェレルというと、コメディー俳優として有名そのもの、実はプロヂューサーとしてもコメディの才能を花開かせている一人です。

彼の主な作品としては「オースティン・パワーズ」シリーズ、「エルフ~サンタの国からやってきた~」「俺たちニュースキャスター」シリーズなどがあります。

出演作の中でも特に印象的なのは「俺たちシリーズ」です。

まあ、冒頭でも言いましたが、別にウィル・フェレルの主要な映画シリーズというわけではなく

昨今の映画の邦題のつけ方に問題ですが、

ウィル・フェレルには、”俺たち”の冠のついたお下劣な面白さを放つ作品が多いです

本作もその「俺たちシリーズ」の中の一作です。

今までの、映画の”俺たち~”の中でも突出して評判がよく、一番面白かったのは「俺たちフィギュアスケーター」だと、金神的には思いますが、どうでしょうか。

タイトルの通り、フィギュアスケーターを目指す話!

とにかくめちゃくちゃで、突っ込みどころ満載ですが、思い切り笑いたいときにはおすすめです!

英国をウイットにディするコメディー要素について

そもそも、このウィル・ファレルが出ているだけで面白いというのは確定したようなものなのですが、本作では様々なコメディー要素のオンパレード

例えば、アインシュタイン、ガンジーなどの有名人がちょこちょこ登場したりして、基本的に下ネタが多い作品なので、下ネタが苦手な方にはあまりおすすめできません・・・

が、それでも勧めたい。。。このお下劣が楽しいのだと

イギリス的なそれこそヒーローのシャーロックホームズとワトソンを題材にして、イギリス中を、そことなくディするアメリカ映画やなー

まあ、こういう品行方正的な真正の下品さが、ラズベリーに導いたのでしょうね

ただ、それさえも思わず似たついている自分がそこにいます。

ワトソンが逮捕されるあたりで、なぜか途中でミュージカル調になったります。

キャスト全員の歌がうますぎて笑ってしまいます、

大人がまじめにコメディーをやるのは本当に面白いんですよね。ラストのラストにも、タイタニックに登場したビリー・ゼインまで登場してきます

映画好きにはたまらない作品になっています

コメディでも光るレイフ・ファインズ

レイフ・ファインズは、本当に何を演じさせてもうまい

雰囲気をつかんて、持っていく!

ただのコメディ映画なのに、彼が出てくるとピリッとスクリーンが締まるのがわかるが、それさえもちゃかすかのように本作は進んでいく。よりによってシャーロックホームズの永遠のライバルのモリアーティ巨樹を演じさせるなんて(^^♪

シャーロック・ホームズ作品

本作のほかにも、シャーロック・ホームズを主人公にした映画がたくさんあり

一番有名なのは、「アイアンマン」で有名なロバート・ダウニー・Jrと「スルース」のジュード・ロウが演じた「シャーロック・ホームズ」ですよね。

この作品はシリーズ化しており、第三作目も公開予定とのことで今から楽しみですよね。

日本でも、「シャーロック」というドラマをディーンフジオカ主演で放送して、とてもクールなホームズだったというイメージがあります。

個人的には、BBC放送の『SHERLOCK(シャーロック)』もほうがきにいっていますけどね、ベネディクト・ティモシー・カールトン・カンバーバッチの独特の世間ずれしたシャーロックが面白かった。

シャーロック・ホームズはイギリスの名探偵として有名ですが、世界で色んな作品として残されています。
色んな作品の中に出てくるホームズを見比べてみて、お気に入りのホームズを探してみるのもおすすめです!

映画の感想まとめ

ラズベリー賞に選ばれてしまっている本作ではありますが、コメディー要素が多く

お下劣ですが、家で楽しい映画を観たいというときにはかなりおすすめです!

気軽に見るのはかなり見やすい作品です。

やはり、ウィル・フェレルが最高に面白いです!大柄で少し強面風ではありますが、だからこそ面白しことをするとキュートに見えて魅力的なのです。

ウィル・フェレル作品を見たことがない方にはぜひ見ていただきたい作品です!