U-NEXT

『ランペイジ 巨獣大乱闘』アニオタ心を掴む巨大猛獣対ロック様 :コラム的ネタバレ感想・VOD情報

2021-04-07

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』はドウェイン・ジョンソン主演・製作総指揮によるロック様のロック様による巨大猛獣とのアクション映画!日本のゴジラにも通じるところあり、元ネタはアニオタ心をガッツリつかむ「RAMPAGE」と言うアーケードゲームを映画にアレンジ

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信11サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu-
U-NEXT-
FODプレミアム-
DTV-
TSUTAYA TV-
AmazonPrimeVideo-
Netflix-
auビデオパス-
dアニメストア-
DMM見放題chライト-
ビデオマーケット-
本ページの情報は2021年04月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

2018年に公開されたアメリカ映画。パニックモンスター映画と言ってもいい。ゴジラやジュラシックパークシリーズの大ファンで、この作品への期待も大!見る前は、キングコングのような話かと勝手に想像したもんだが、本作はアメリカで大ヒットしたアーケードゲーム「RAMPAGE」の世界を原作として映画化されている。

ロック様ことドウェイン・ジョンソンが主演の本作、正直きっとロック様のような何をやってもそこそこ絵になる筋肉マンが主役をやらない限り、かなーりストーリーは面白くない方向に怪しいが、

そこは、スーパースター!ゴリラの筋肉に負けず劣らず、画面狭しと暴れまわる。なんとなくヴィン・ディーゼルでも同じクオリティかもしれない。

ちなみに、以下の動画が元ネタのゲーム

全体的に、ゴジラなんかよりは、どちらかと言うとジュラシックパパーク寄りのストーリーになっていると思える内容で、ジュラシックパークとの違いは、ある特定のサンプルを浴びてしまったがために生物が変化をしてしまう様子が描かれており、こんな実験をしていたなんてどこの世界にもマッドサイエンティストはいるんだなぁと思わずにはいられない・・

ストーリーとしては、遺伝子実験の失敗と人間のエゴによって起きてしまった事件から始まる。宇宙ステーションでゲノムの実験をしていたエナジン社のアトキンズ博士は、ラッドの実験中に凶暴化したラッドにステーションを破壊されてしまう。自身も遺伝子を書き換えることができる病原体のサンプルを持ち出し脱出をはかるがラッドの攻撃により機体は破損、サンプルは地球へ落ちていってしまった。そのサンプルに接触してしまうことによって、動物たちにも遺伝子的な影響が出ることになる。。。霊長類学者のデイビスは、遺伝意感染を引き起こしたゴリラのジョージを助けるために元研究者のケイトと共に解毒剤を求めるが、遺伝子サンプルをわがものにしようとする巨大企業に立ちふさがられるのだった・・・

この遺伝子サンプルがまた凄い

それを浴びてしまった動物達は知能が上がり、凶暴化!

手話ができ、茶目っ気たっぷりなアルビノゴリラのジョージ、森にたまたまいたオオカミとワニが、サンプルを浴びたことで遺伝子に変異が起き、巨大化しさらに凶暴化していくのだ。

ゴリラとオオカミとワニ…。どれもこれも巨大化して凶暴化したら大変なことになりそうな生物ばっかりだ…

特にオオカミは大変では?素早いし、肉食だし。大変やん!と思わずツッコミを入れてしまうほど、特に映像では特殊部隊がオオカミを捕獲しようと試みるも襲われ全滅する様子も描かれており、捕食されたりするため少しグロな部分はあるものの飛んでいるヘリコプターに襲いかかったりと動物離れした能力を得たこともわかる。本当に怪獣と化してる。

ジュラシックパークとはまた違う存在感のある巨獣達が出てくるわけだ。そもそも、この病原体はケイトが医療のために使おうとしたがクレアに反発され、生物兵器として使用するための実験として使われていたのだ。どうしてみんな生物兵器にしたがるのかしらね…

感覚的には、パシフィック・リムの町の壊し方とキングコングを足して二で割った感じすよ

と言ってみたものの、私たち日本人にはめっちゃなじみのウルトラマンやゴジラで経験値がかなり高い。

なので、町を破壊されたぐらいでは全然面白みは、少ないんですよこれが。

ただ、怪獣でなく猛獣、、自然界にいる動物が巨大化しているわけで、ワニってビル登れるんだ…という素朴な疑問と感想を言ってしまったりする。

ちなみに、なぜ登れたのかだがヤモリの遺伝子が入っていたかららしいぞ。

でもこの状況、何が起きたか分からない人々からしたら恐怖しかない…。向こうではでっかい凶暴なオオカミいるし、あっちではめっちゃ巨大なワニがいるし、そっちでは凶暴なでかい白いゴリラが…パニックに陥らない人の方が珍しいくらいだろう。

ここでみんなが思うであろう。
巨獣ってどうなるの?倒せるの?と。

そこで救世主のジョージ!!なんと解毒剤ごとケイトを飲み込んで、正気を取り戻してくれます!ここで始まります。

ゴリラVSオオカミVSワニの戦い!

オオカミもワニも強そうだ…牙がゴリラより鋭いのではないか…
ちなみに、見てもらえばわかるがワニが1番でかい。何故かと言うと、サンプルが入った容器を丸呑みしちゃったのだ。だから他の巨獣よりも大きめサイズ。

そしてジョージはなんとか2匹を倒すも、深手をおってしまう

デイビスはジョージが死んでしまったと悲しみにくれているが、やはりここは茶目っ気ジョージに騙された、という感想がぴったりなラスト終わり方だった。本当に2人とも仲良い

総合的にみて、まあ面白い

動物の作り込みと言うべきか、映像も綺麗で顔がアップになった時のリアルさが際立っているし、アメリカ人にとっては、RAMPAGEのゲームの世界が実写化するのだから、バイオハザードやサイレントヒルと同じだね私たち日本人からするとね。それに人が怖いなと思う要素を効果音や映像を結構きっちり使って作り込まれており、見ていてハラハラしてくる緊張感が伝わってくる映画

巨獣モノやパニックモンスター映画的なものが好きな方には受け入れやすい映画になっていると思う。気になる方は視聴ボタンをレッツクリック!

― hogeru -

あわせて読みたい