U-NEXT

『トイ・ストーリー2』高い評価のシリーズ第2段!おもちゃの存在意義:コラム的映画あらすじ評価感想・動画配信

映画『トイ・ストーリー2』は1999年のピクサーが贈る長編アニメ映画!シリーズ2作目にして、ピクサーとしての3作品目の長編アニメとなる。映画界でも高い評価を受けて、なんと並みいる銀幕フィルムを抑えてアニメでゴールデングローブ賞の作品賞を受賞している。ウッディと仲間たちは楽しい時を過ごすていたが、ある時おもちゃの状態のウッディが盗難される・・

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年09月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

ウッディが誘拐された・・・

ちょっと遅めの夏休みを取ったので、せっかくなのでシリーズものをここぞとばかりにせっせと見始めている自分がいます。

そんで、その中でもトイ・ストーリーシリーズを一気にみてしまおうというなどの決意をし、今回はトイ・ストーリー2を紹介しようと思う。

なんかこうやってみると、最初にいきなりトイ・ストーリー3を見ないで順番通りに見直せば良かったとしきりに思うのだが、後悔先に立たずというやつである・・・

それでは早速あらすじに行ってみよう。

悪ガキのシドの元からともに脱出し、固い友情で結ばれたウッディとバズは、仲間のおもちゃ達とともにアンディと楽しく過ごしていた。ある日、ウッディが友人のおもちゃをガレージセールから救い出そうと行動した際に、運悪く人間に見つかりそうになってしまう。咄嗟におもちゃに戻るウッディだが、怪しげな男がウッディをそのまま連れ去ってしまい・・・

相変わらず面白いですな〜・・・トイ・ストーリーシリーズ2作目!

前作が素晴らしいと、次回作以降陳腐化していってしまうところがシリーズ物の最大の欠点なのだが・・・

13日のジェイソンとか本当に迷走してるしね・・、ウイルスに感染したアリスとかもSF/アクションとしてはいいけどストーリーはお世辞にも言いと言えないしね・・

そういう意味で、トイ・ストーリーはいい意味で期待を裏切ってくれる。

本作は、声優さんたちもめっちゃ力が入るのに違いない!(ちなみにウッディは、トム・ハンクスと唐沢寿明)

映画界隈でもめっちゃ評価が高く、アニメなのにゴールデングローブ賞の作品賞を受賞した強者である。

まぁ何度も何度も見ているので、改めて初めて見た時を思い出してみると、ポークチョップが「ウッディが誘拐された。」といっているシーンがやたら印象に残っている。

ウッディ誘拐の時点でもうワクワクしかしないのだが(ウッディごめんよ)、ウッディが連れ去られた後のおもちゃ達の会議は爆笑物だった。

ウッディを救いに行くメンバーもバズ、スリンキー、ポテトヘッド、ポークチョップ、レックスとワクワクしかないメンバーだ。

個人的にお気に入りのシーンがいくつかあるが、一つは玩具屋さんにウッディを救いに行くシーン(あの玩具屋さんの描写みるとトイザらス思い出すよね)。

バズが店頭に飾られていた無重力ベルトを取ろうとするシーンもいいのだが、個人的にはポークチョップがおもちゃのカートにスリンキーを乗せながら、レックスとポテトヘッドを迎えにくるシーンが好きなんだよね〜・・・

すごいマニアックな感じで恐縮だが、車で迎えにきたポークチョップが「捜索するにもおしゃれに行かないとな!」というシーンがあるのだが、英語のセリフでは彼は「おしゃれに〜→With Style」という言い回しをしている。

このWith styleという言い回しは、初代トイ・ストーリーのラストシーンでバズがウッディを抱えて飛んでいるシーンでも使っていた表現なので気になる方は是非チェックしてもらいたい。

もう一つのお気に入りの場面は、ジェシーが過去の持ち主を思い出すシーン。

「When Somebody loved me~」

という歌い出しから始まる歌は反則。

あんなん泣いてしまうやろ〜・・・

劇場とは違って自宅で見てたのをいいことに何度も繰り返し再生してしまった哀愁漂うシーンである・・・

後はウッディの修理シーンね。

いや・・・特になんか事件があるわけじゃないんだけどさ・・・あのシーンは何か中毒性がある。

あと、修理してるおじさん見てると「ゲーリー爺さんのチェス」を見たくなる。

そんなこんなでまぁラストはジェシーとブルズアイが新たに仲間に加わってアンディ大喜びという感じで幕を閉じるので、アンディの出番こそ少ないものの、ウッディ達の大冒険はやはり面白い。

総じて、絶対見たほうがいいアニメで、改めていう必要もないほどの、いい映画だと思う。

あとあんまり話題にならないけど、ウッディってアンティークとしてかなり価値がある(東京の博物館に行く予定だったし)ようなのだが、ジェシー・ブルズアイ・プロスペクターが勢揃いした状態で、東京の博物館はいくらで買い取るといったのかがすごい気になる今日この頃・・・

― hogeru -

あわせてみたい