映画感想『メリーに首ったけ』今でも恋してます! もう一度考えるメリーの魅力

2020-01-22

女の子と上手に話さえ出来ないテッドが学校1の素敵な女性メリーに恋をした。メリーは気さくで誰にでも好かれる超美人。テッドはメリーといい関係間際まで行くが失敗しそれっきりに。13年後テッドはメリーを忘れられず彼女を探す旅に出るが。。。

誰もが彼女の魅力に恋をしてしまいます。そんなラブコメディー
今見ても、笑えます。超おすすめの一本です。

あらすじ

Copyright(c) youtube.com

作家志望のテッドは、高校時代に憧れた同級生メリーを忘れられず、保険調査員のヒーリーに消息を探らせる。だが、報告によれば、今のメリーは太った子持ちの主婦だという。落胆するテッドだが、やはり諦めきれず、自らメリーが住むマイアミへ乗り込んでいく。するとそこには、昔以上に魅力的なメリーの姿が。だがその隣には、建築家と偽って彼女に近づくヒーリーが。ヒーリーもメリーにひと目惚れし、嘘をついたのだが……!?

詳細ストーリーは、MIHOブログさんを合わせて読みたい

映画情報&キャスト

『メリーに首ったけ』 1998年 アメリカ
There’s Something About Mary
【監督】ファレリー兄弟
    ボビー・ファレリー
    ピーター・ファレリー
【脚本】エド・デクター
    ジョン・J・ストラウス
    ボビー・ファレリー
    ピーター・ファレリー
【原案】エド・デクター
    ジョン・J・ストラウス
【製作】フランク・ビドア
    マイケル・スタインバーグ
    チャールズ・ビー・ウェスラー
    ブラッドレイ・トーマス
【製作総指揮】
    ボビー・ファレリー
    ピーター・ファレリー
【音楽】ジョナサン・リッチマン
【撮影】マーク・アーウィン
【編集】クリストファー・グリーンベリー
【出演者】
メリー・ジェンセン・マシューズ
(キャメロン・ディアス)
 :誰からも好かれる
  超美人で天真爛漫
  弟を溺愛している
テッド・ストローマン(ベン・スティラー)
 :高校時代に好きだったメリーを
  忘れられず
  マイアミに住むメリーに会いに
パット・ヒーリー(マット・ディロン)
 :テッドの依頼でメリーを探す探偵
  メリーを見つけて
  メリーを好きになってしまう
タッカー、ノーマン・フィップス
 (リー・エヴァンス)
 :メリーを建築家の
  振りをした好きなピザの配達人
ドム・ウォガノウスキー(クリス・エリオット)
 :テッドの親友
  本当はメリーに会いたくテッドをつけ回している
  メリーの元交際相手、ウギー

合わせて読みたいファレリー監督作品

メリーの魅力を考える

Copyright(c) youtube.com

何人の男がメリーに夢中になったか

『メリーに首ったけ』は、その名の通り、キュートでかわいいメリー(キャメロン・ディアス)に誰もが夢中になる映画です。

キャメロン・ディアス魅力が全開であふれています。

ちょっとおバカな話の展開の中には、それぞれのメリーに対する真剣な想いが込められています

  1. テッド 主人公
  2. パット・ヒーリー 探偵
  3. タッカー 建築家
  4. ドム(ウギー) テッドの親友
  5. ブレット 理想の恋人
  6. ウォーレン 弟
  7. 近所のおじいちゃん

テッド

テッドはベン・スティラーが演じる、内気で女の子と上手に話せない高校生です。

もの凄く高嶺の花のメリーに恋をして、テッドの優しさや優柔不断さが、弟想いのメリーには素敵な男性に写ったようです。

その後、例の「お豆とソーセージ」事件までは、一時いい雰囲気まで行きます。

合わせて読みたいベン・ステイラー作品

パット・ヒーリー

マット・ディモン が、演じるヒーリーは探偵の身でありながら、メリーを調査して調べていくうちに、メリーに惚れてしまい、事業家として接触してしまいます。

その後も、絶対的自信から、他のサイコと違いメリーは最後には自分を選んでくれるはずと暴走を続けます

タッカー

メリーのことが好きすぎて、障害者の演技をします。弱者を憐れむメリーではありますが、本当の自分を隠して、メリーに惚れたら一直線ってところが笑えます。

本当のタッカーはピザの配達人です

ドム

ドムは、ウギー。高校試合に隣の高校の彼氏がドムです。

めりーを忘れられず、彼に接近禁止令を出されながらも、めげていません

ウギーから、ドムとニックネームを変えてテッドに近づき、13年間もメリーの引っ越し先の居場所を探ろうとします。

そこまで、こだわっておきながら、メリーの靴フェチです。

ブレッド

ブレッドは、リアル世界でもアメフトのプロ選手で、アメリカの中では超有名人です

そんな、ブレッドは理想の彼氏のはずです。

ブレッドは爽やかで、本当に嫌なところも無く、ウォーレンの事をよく面倒もみます。ウォーレンの悪気地を言ったとして、メリーは離れてしまいますが、それもこれもタッカーの差し金です

ウォーレン

ウォーレンは、メリーの弟です。

厳密な意味では、メリーに恋をしているというより、超仲のいい弟です。

少し発達障害のある弟が、弟思いのメリーのウイークポイントですね。

近所のおじいちゃん

マグダに接近して、体の関係までも持ったのに、おじちゃんはメリーのことが大好き。

ラストシーンでは、テッドと結ばれるメリーをみて、テッドを銃で撃ち殺そうとしますが、バック音楽のバンドマンに流れ弾が当たり、撃ってしまいます。

マグダに寄り添ったのは、メリーを好きだからと言う仰天の結末

メリーの魅力

メリー自身は自分の魅力に気が付いていないのか、鼻高々にもならないし、ある一定の節度をもって男性とお付き合いしています。

この辺が好感持てますよね。

キャメロン・ディアスも、『マスク』『ベスト・フレンズ・ウェディング』で彼女自身の魅力を最高潮にもっていったときの本作なので、彼女の魅力が表れないわけがありませせん。

  • キュート
  • 優しい
  • 家族(弟思い)
  • 顔で相手を選ばない
  • 人のためになること大好き
  • 相手とは節度を持って付き合う

メリーの魅力=キャメロン・ディアス

の魅力ですよね。

出演者たち

ファレリー兄弟

ファレリー兄弟の監督脚本による本作品。そこかしこに、ちょっとHでおバカな展開が盛り込まれまくっています。

劇場で封切り当初はいろいろポイントが問題になったそうです

  • 犬を麻薬中毒にさせちゃう
  • 犬に電撃
  • 障害者をネタに使っている個所
    タッカー、車いす、ウォーレン
  • ヘアジェル(テッドの せいし )
  • お豆とソーセージ

等々いろいろありますが、これらのネタの描写のされ方も観衆、障害者も含めてはおおむね好評だそうです。ヘアジェルは隠語としてしばらくは欧米で使われ続けたそうです。

キャメロン・ディアス

この映画が公開されたときには、マット・ディモンとお付き合いをしていた、恋多き女のキャメロン・ディアス。

この映画の撮影では、ふたりでほくそえみながら撮影していたことでしょう。

この『メリーに首ったけ』は彼女の魅力を最大限引き出し、本作がハリウッドの中で有名になり代表作にもなりました。

彼女自身は、アトピーで悩ませるとのうわさも常に付きまとうほど、肌が弱い彼女です。

よく見るとたしかにお肌が弱そうにもみえます。そういうのもひっくるめて、メリー(キャメロン・ディアス)の魅力が爆発している映画です

コメディアン vs 俳優

ベン・ステイラーはじめ、本作はコメディアンだらけです。

そんな中で、パット・ヒーリーを演じる、マット・ディロンがい味を出していますね。

コメディアンのなかで、本当に胡散臭さただよう、出演者たちの中で、正統派で元祖イケメンのマット・ディロンが一つのスパイス、試金石としてきいています。

まとめ

”ほげる”的には、『メリーに首ったけ』を改めてみて、また好きになりまし。
メリーのあふれ出る魅力は、
この映画を見るたびに、新しい魅力に気が付いて尽きることはないとおっもいます。

独善的評価[5段階]としては
 映像・音楽      4
 キャスト       5
 ストーリー構成    4
 初見で読み取れない謎 3

いつも通り、この映画の評価も毎度同じでが、 基本どんな映画でも大好きな”ほげる”としては、に面白い作品と思います。