王道チャーハン

2019-10-25

チャーハン、一人暮らしの時はどうやってもうまく作れなかったものです。ブログへの初投稿として、やはり一番最初に『美味しい! もっと作って』を頂いた、チャーハンにしたいと思います。

私の美味しいの基準・定義は、いつもチェッカーにされる息子の言葉です。
逆に息子が美味しいをくれないと、もうその料理はあまり作らなくなります。

色々なバリエーションはあるものの、シンプルなものを紹介です。
本チャーハンは、テレビだったか雑誌で見た作り方を、うろ覚えだったのを何回か作るうちに自分の中で確立した鉄板メニューです。

ものすごく簡単ですので、ご飯を捨てる前にはご検討下さい。

ほげる的 材料

2人前程度
  • ごはん お茶碗2
  • 卵 2個(個数=人数分)
  • チャーシュー 無ければベーコン ひとかたまり 写真の3cmぶんくらい
  • 長ネギ 半分以下(好みで)
  • 塩 二つまみ くらい
  • 醤油 大さじ1以下 (好みで)
  • 鉄フライパン <出来れば>

レッツ Cooking

食材をそれぞれ、刻んで用意下さい。
卵を溶きほぐします。
フライパンに油をしきます。
(お好みで良いと思いますが、ほげるは多めに入れます)

 ※普通のチャーハンの場合は、サラダ油かグレープシードオイルなんかを使ってます。
  ラードでも大丈夫です。

フライパンに卵を投入

ここまでは中火(卵がすぐ固まらない程度)


次は、ご飯です。
ご飯は、冷えていてもOKです。温かいご飯(柔らかい)より作りやすいです。
卵が固まらないうちに、ご飯を投入して、
あとは、ご飯に色をつけるイメージで、潰しながらフライパンを回し、
ひっくり返しながら炒めます。
ここからは強火で、ご飯をパラパラさせるイメージを持ちます。

ご飯と卵が交ざった後に、
チャーシュー(ベーコン)を入れます。
私はここで、塩を二つまみ入れて、馴染ませます。
とにかく全部がパラパラになるイメージを持って、
フライパンを振って、チャーシューを炒めます。

パラパラになってきたら、醤油です。
醤油は、直接ご飯にかけると、ものすごくべちゃべちゃしてしまいます。
ここは、ご飯を片側に寄せて、
余った領域に、醤油を入れて、少し焦げ付かせます
その後、一気に醤油味を馴染ませるように。
また、フライパンを振ります。

最後に、ネギを投入、
そして、ネギを混ぜ合わせるイメージで、フライパンを振ります。
これで終了。火を止めます。(ネギは炒めると言うより、混ぜるだけってイメージ)

できあがりです。

盛り付けは、茶碗に盛って、お皿を上から押しつけて
ひっくり返すだけです。[これだけで、子供は大喜び]
ご笑味あれ。