軽いトマトソースの簡単パスタ

2019-11-01

軽いさらっとしたトマトソースの簡単パスを紹介します。ものすごく簡単にできますので、よかったらご賞味あれ。
一人暮らしの料理とか、男料理で家族に美味しいをプレゼント。ちょっとしたコツで、美味しくなるもので、料理はほんと不思議です。

今日も息子に、”おかわり”ほしいと言われました。
家族へ美味しいものを届けるために。さてフライパンを振るいましょう。

ほげる的 材料

2人前程度
使う材料はこれだけ
  • パスタ 2人前 人差し指と親指で○作って2回分
    好みが分かれますが、私はBarilla(バリラ)に落ち着きました。
  • にんにく スプーン1杯
    最近は手抜きですが、桃屋のニンニクきざみ
    これがあれば、イタリアン・中華と幅広く使えます
    ※ちゃんと作りにこだわる人は、国産ニンニクかイタリアのニンニクをお使い下さい
  • トマト缶 今回はホールトマト (カットトマト買い置き無かった)

    ※”ほげる”は、以下の使い分け
     濃厚にしたい:
      ホールトマトを使います
      サンマルツァーノ種などのイタリアントマトが入っていることが多いです。
      加熱すると旨みが引き出され、焦げとかも美味しいです。熟成した味わい。
     さっぱりしたい:
      ジューシーな軽い味わいになります。トマト缶により味がかなり違いますが
      好みの感を見つけ出して下さい。
  • なす 1本
  • ベーコン 適量
  • たまねぎ みじん切り 1/4- 1/2個 ※なくてもいい
  • オリーブオイル 好みで
    ニンニクの味をしっかり移す必要がありますので、
    私は多めに入れます。

レッツ Cooking

鍋にパスタを投入し、塩を多めに入れます。
正確には、1リットルに対して、30-50gぐらいだそうです。“ほげる”は水2-3リットルに大さじ山盛り2くらいいれます。

パスを茹でている時間を利用して、フライパンでニンニクをオリーブオイルに味付けしていきます。

※写真はごめんなさい4人前分


とにかく時間をかけて、炒めましょう。味を移すイメージです。
焦げそうになったら火を弱める。
”ほげる”はフライパンを火から外します。

ホールトマトを潰し、座量を用意しておきます。

軽いトマトソースのパスタですので、あまり煮詰めません。
オリーブオイルにニンニクの味が移ったら、ナスを投入。
このとき、塩を忘れなで下さい。
塩は、野菜の味を引き立たせます。
そして、ベーコンを入れます。炒めます。
そのあと、味を調えるために、塩を入れます(好みだけど、少し)

ここで、潰したホールトマトを入れて、ソースとして馴染ませます。
コンソメや、月桂樹(ローリエ)入れるとき盛りますが、軽いトマトソースのパスタの時には、軽めにして、野菜でキャベツとか春っぽいものにすると美味しくなります。(今回はナス)

そして、少し乳化[ゆで汁を少し投入]
(もう、ホールトマトいれているから、そういわないかもしれませんが、味が馴染む気がします。)

火を止めて 、茹でたパスタを規定時間でフライパンへ投入
イメージは炒める、茹でるではなく、混ぜる感じです

今日も息子から『美味しい+おかわり』を頂きました。
基本ですが、美味しいですよね。
今日は辛めにしてくれとリクエストがあったので、鷹の爪は多めにしています。

ものすごく簡単ですので、是非ご検討下さい。