映画感想『50回目のファーストキス』1日で恋に落ちファーストキスする凄腕プレイボーイ!感動間違いなしの最高のキス

映画『50回目のファーストキス』は、「コメディの奇才」福田雄一がしかけるアメリカ映画のリメイクラブロマンス!女性にだらしのない大輔はハワイでツアーガイドを続けながら天文学者への夢を捨てきれないでいた。そんなある時不思議な女性、瑠衣に出会う。彼女は事故で記憶が1日しか続かないという。大輔は彼女とはいつも新しい恋でいることが出来るが二人の関係はフレッシュなまま。ある時瑠衣は自分のために大輔を犠牲にしていると知り・・・

映画『50回目のファーストキス』は同名の、アメリカ映画、ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーで綴られた素敵なラブロマンスをコメディ要素を盛り込んでリメイクされた日本映画です

奇才、福田雄一が彼のコメディファミリー「ブラボーカンパニー」のメンバーを引き入れて独特の恋愛映画でメガフォンを取りました。

本当に、この映画は見どころありすぎて

おすすめ間違いないしです

めっちゃ感動のおすすめです

超感想中心で!

それでは見ていきましょう

あらすじ ネタバレあり

ハワイのツアー会社で働く大輔は名うてのプレイボーイ、日本からツアーで訪れる女の子たちと遊びを繰り返していた。親友のウーラと楽しい日々を過ごしながらも、自分の天文学者への夢をどこかで捨てきれずに生きていた。

そんな大輔がある朝カフェで不思議な魅力の女性に出会う、絵画の先生をしている彼女の名前は瑠衣!

瑠衣は前の日の記憶がない、短期記憶を長期記憶にすることが出来ない障害を持っていた。交通事故で1年前からその生活をしている。偶然、瑠衣の父親の健太の誕生日である”今日”を生きている。健太と瑠衣の弟慎太郎は瑠衣に毎日記憶がなくなっていることを気が付かせないように、新聞やニュースのビデオ、彼女が壁に塗る絵をを毎日消して過ごすやさしさで包んでいいた。

大輔は、毎日彼女にモーションをかけ続け、次の日には忘れているが何とか仲良くなるなることが出来ていた。そんなある時瑠衣の車の車検が切れていることで、警察に呼び止められて瑠衣に全て知られてしまう。

次の日には忘れるとはいえ、健太にはつらい出来事だった。
そんな姿を見た大輔は、彼女の生活を変えることを健太に進言する。

彼女に、ビデオレターを作った。毎朝、彼女が起きた時に朝一番でビデオを見て、自分の状態や症状を理解するのだ。彼女は次第に普通の生活らしさを取り戻していった。そして大輔とも毎日恋をして、毎日ファーストキスをしていた。

彼女はある時、健太と大輔の会話を聞いてしまう。大輔が天文学者の夢をあきらめていない事。彼女のことを想っていることを。

瑠衣は大輔に内緒で自筆で日記をつけて、ビデオと日記で現実感を出していた。ある時、瑠衣はその日記を大輔と一緒に読みながら二人の思い出を消す決意をする。大輔の夢をあきらめさせたくなかったのだ。大輔と瑠衣は二人で思い出を消しながらも最後の最初のファーストキスをして別れる。

時を同じく大輔の天文学の論文が認められてハワイを離れることがきまった。大輔は揺れる心で、もう一度瑠衣と向き合うことを決める。瑠衣は自ら施設の中で過ごす決意をして、そこで暮らしていた。

そこで彼女に告白すると、大輔会うのは初めてだけれども、アトリエには大輔の絵で埋め尽くされていた。なぜか彼女は毎晩大輔の夢をみているとのこと。二人は改めてファーストキスを交わす。

時は流れ、瑠衣は目覚めると知らない場所だった。

いつものようにビデオを見ると、そこには結婚した自分がいた。

ビデオの大輔に言われるがまま、屋上に出てみるとそこには満天の星空と大輔、それから二人の子供がいて、幸せ満面の3人の笑顔がそこに輝いていた。

映画情報&キャスト

『50回目のファーストキス』 2018年 日本
【原題】50 First Kisses
【監督】福田雄一
【脚本】福田雄一
【原案】『50回目のファースト・キス』
【製作】北島直明
    松橋真三
【製作総指揮】伊藤響
【音楽】瀬川英史
【主題歌】平井堅「トドカナイカラ」
【出演者】
大輔(山田孝之)
 :ツアーガイドをしながら天文学者の夢を追いかける
  ある時、瑠衣に出会い恋に落ちる
瑠衣(長澤まさみ)
 :車の事故で1日分の短期記憶しか保持できない生涯を負う
  そういう生活を1年続け、大輔に出会う
健太(佐藤二朗)
 :瑠衣の父親
うーら(ムロツヨシ)
 :大輔の親友
慎太郎:(太賀)
 :瑠衣の弟、筋トレマニア
すみれ(山崎紘菜)
 :大輔の同僚
病院の先生(大和田伸也)
 :瑠衣の主治医

超感想中心の評価考察

公式HPより youtube.com

コメディの奇才による胸温まる恋愛映画

自身が放送作家であり脚本家、演出家である福田雄一監督による、涙と感動と笑いの層状攻撃が襲ってくるラブロマンス映画です。

本作はアメリカのオリジナル映画
ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーによる原作のピーター・シーガル監督の映画『50 First Kisses』より、もう一段コメディ色が強い仕上がりになっています。

それもそのはず、監督が率いる「ブラボーカンパニー」のファミリーと言っていい俳優さんたちばかりが出ちます。
『勇者ヨシヒコ』シリーズからの、系譜でどこか懐かしさのある突っ込みやギャグを織り交ぜながら、ストーリーが展開していきます。

山田孝之:ヨシヒコ
ムロツヨシ:メレブ
佐藤二朗:仏、菩薩
太賀:盗賊の弟シゲ でゲスト出演
大和田伸也:ルドラン

やばいでしょ。
これだけ、そろっているとまさに福田組!

福田組の外から参加している、長澤まさみや山崎紘菜は、福田組のコメディーアドリブ力なるものに終始圧倒されたとインタビューで語っています。

鍛えられ方が違いますからね。

とはいえ、コメディ映画では決してなく序盤から畳みかけられるようなコメディがいいバランスでラブロマンスへそして、感動へと転化されていきます。そのバランスが絶妙です。

別のドラマを見ているとか、そんな感じもなく適度に突っ込みどころをわざと残しておいてくれます。

リメイクでありながら、原作を踏襲するところはして思い切って改ざんするところはして、良い作品に仕上がっていると思います。

ラブロマンスとしての側面

本当にホロリと涙腺がゆるーくなるシーンが盛りだくさんです。

普通に考えれば、大輔はなんでこんなに頑張って毎日、来る日も来る日も瑠衣を口説くんだろうって感じがしますよね。

瑠衣の反応が、同じことをしても微妙に時間とかタイミング違うとまったく違うんですよ、そのへんが新鮮だったんだろうなぁと思います。

自分が大輔ならここまで忍耐力のある恋はしないのですが、大輔はあきらめません。どんなに、他人行儀にされても、ぐいぐい優しさを前面に出しながら瑠衣の内面まで迫っていくんです。

未来がわかっている、『きみがぼくを見つけた日』と真逆で、若い二人の破滅的な恋『最高に素晴らしいこと』なんかとはまた違うトーンです。どちらかというと、映画『タイヨウのうた』なんかに通じる刹那的な恋です。病気とか障害があると燃え上がるタイプ!

この辺は、見ていて毎日が初デートで、毎日がファーストキスの初々しさと、ないよねーって視聴者視点でみていてどんどん映画にのめり込んでいきます。これは、瑠衣(長澤まさみ)と大輔(山田孝之)が、平々凡々とした日常ではなく、色々なところにデートに行って、色々なデートを繰り返すから、見てる側もまったく飽きない!

しかもハワイのオアフの景色が本当に美しい。

ハワイは、映画とかドラマのロケ地でも有名ですよね。本映画中でも説明シーンが何故かありましたが、『ジェラシック・ワールド』、海外ドラマの火付け役『LOST』などもそうでした。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ちょっと、脱線しました。

観ていると、瑠衣がなんでこんなに知らない男を受け入れられるんだろうという、想いが映画の中でくすぶっていると、それにもきちんと映画で答えてくれます。

瑠衣は大輔と出会ってから、毎晩自分向けの日記をつけて明日の自分へ気持ちを、さらけ出して大輔のしぐさや行動までメモしていたのです。

いいですよね、ジーンと来ました。

二人の熱い想いも、明日になれば全てリセットってところがベースにあって、その辺が切ない駆け引きが後半多くなっていきます。

だって、今相手を想う気持ちの積み重ねができないんですよね。これってすごく怖いですよ。

瑠衣は自分のために、大輔を犠牲にしないために記録や日記や写真を消す決意をします。普通は消すだけで、気持ちは全くクリアになりませんが、大輔にとってはかえって残酷なことですよね。

雨の中の最後の、ファーストキスは本当に残酷で、切なくて、もどかしいキスでした

福田ファミリーの出演者たち

山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗は、もう鉄板ですよね。

この人たちのタイミングといい間の取り方、絶妙すぎます。

佐藤二朗のクド過ぎる演技も、それ以上にアクの強い慎太郎訳の太賀がほんとウザウザで、打ち消されていましたね。

山田孝之も、福田監督以外の映画以上にノリノリだったように思います。

長澤まさみのはじける眩しさ

長澤まさみも『銀魂』に出演していますので、福田組といえなくもないですがね。

わけちゃいます。

『世界の中心で、愛をさけぶ』セカチューの大ヒットからスター街道まっしぐらの彼女です。

山田孝之がドラマ版の『世界の中心で愛を叫ぶ』に出演しているのも何かの縁でしょう。

『キングダム』でも本当に神々しい美しさを披露してくれています。

天真爛漫な演技から、まじめな役、『コンフィデンスマン』、そして立て続けにあだち充の映画化シリーズに出演して『タッチ』『ラフ ROUGH』の青春王道のようようなはじけた役までそつなくこなします。

個人的にはドラマの山ピーと共演した『プロポーズ大作戦』が大好きでしたね。

created by Rinker
ビクターエンタテインメント

本作では、瑠衣(1日の記憶しか維持できない女性)を演じます。

かなり難しーと思います、1日でリセットされるので基本の人格は同じ演技でいいと思うのですが、時間の流れている毎日の中で微妙な差を少しづつ出していく必要がありますよね。

もちろん、演出とか脚本によるところは多いでしょうが、表情とか感情を豊かに構えないとなかなかできないと思います。

この映画でも魅力を振りまきまくった、長澤まさみがますます好きになりました。

原作映画との設定差分

ドリュー・バリモアとアダム・サンドラー、長澤まさみと山田孝之での違いですが、
大きな違いは、山田孝之の大輔役が原作では、水族館の水族館に勤務する獣医師で、夢はセイウチの生態調査をすることです。

ウーラ(ムロツヨシ)は、原作では妻子持ちです。しかも子だくさん

瑠衣の元へ戻るきっかけとなった、飛行機の上のPCの写真のシーン、感動しましたよね。
あれも、違います。オリジナルでは、船の上で出港していて、マーリン(父親)に渡されたCDを聞いて、そのCDにはルーシー(ドリュー・バリモア)が歌っています。彼女はヘンリー(アダム・サンドラー)を覚えていたのです。これがきっかけで、ルーシーの元に戻ります。

日本の福田監督版は、オリジナル版よりいい感じに変更されていると思います。

映画の感想まとめ

十分満足のいく映画でした。

久々に、バランスの良い恋愛映画を見ましたね

オリジナルの原題は"50 first dates"なんですよね、このファーストキスってのに邦題の想いがこもっていて、とてもいいです。

記憶失う系の映画は多々ありますが、恋愛ものは少ないので、非常に楽しめます。

怖いところだと、『メメント』サスペンスが入り、少し瑠衣の近い『リピーテッド』なんかは、そうですが

やっぱり、ラブロマンスとして、ほっこり終れた、本映画は最高です

✔ヨシヒコが大好き!
✔長澤まさみの美脚につい目が行く!
✔出会いはいつも新鮮がいい

こんな人ならこの映画おすすめで、好きだと思います。

独善的評価[5段階]としては
 映像・音楽      5
 キャスト       5

 ストーリー構成    4
 初見で読み取れない謎 4