U-NEXT

『BECK』若いエネルギーが音楽にほとばしる!人気漫画の実写化:コラム的映画あらすじ評価感想・動画配信

2021-06-15

映画『BECK』は2010年に公開された人気漫画が原作の青春映画!ハロルド作石さんの原作で、水嶋ヒロ・佐藤健が主演の熱ーい、まさに青春ストーリー

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

BECKという漫画を知っているだろうか。

少し古いけど、結構知っている人も多いと思う。音楽バンドの成長を描いた漫画であり、業界のしがらみや、バンドマンの苦労あるあるなどがかなりしっかり盛り込まれている漫画である。

私自身としては、音楽バンドを組んだことすらないのだが、そういった人間からしても楽しめる漫画だったし、漫画を買っていたくらいにはハマっていた。そのBECKが映画化されると聞いて、最初は絶対に無理だと思った。

だってBECKのメンバーのポイントは、コユキの歌唱力と、平くんのファンキーなベースと、竜介の変態的なギターテクと、サクのうねりのあるドラムテクニックと、千葉くんのクラブ終業の末のフリースタイルだもの。俳優なんかに絶対できるわけがない!と思いつつ見てしまったんだよね・・・早速あらすじに行ってみよう。

高校生のコユキはどこにでもいる平凡な高校生。そんな彼が、ある日ニューヨーク帰りのギターリストである竜介と会い、コユキの歌唱力に気がついた竜介がBECKというバンドを立ち上げることから物語は始まる。精力的にバンド活動を行う彼らの元に、国内最大級のイベントであるグレートフルサウンドへの出演依頼が舞い込んできて・・・

いやー!予想通りでしたな!予想通りっていうのは実写化すんなよ!って意味の予想通りね!

ここは色々人によって視点が違うと思う。あくまでも漫画原作を知っていると・・・

ちょっとね、残念と言う意味

ちなみにストーリーにあるグレートフルサウンドに出るのは漫画で言えば結構序盤の方。漫画だと、決意を固めたメンバーが伝説級とも呼ばれるライブを行うのだが、映画だとめっちゃしょぼい感じに描かれてたね!

まぁ若手人気俳優達を集めて観客数を稼ごうとうする日本のアホな映画業界だとこんなことしかできないよね!
それに漫画のBECKは最終的に世界ツアーをやって人気を博すようなグループだもの。日本のバンドメンバーとかでやろうとしたらそれこそワンオクとか連れてくるしかない。韓国だったらBTSとかを使ってうまくやれるかもしれんが・・・

まあ、バンド経験もない、お前が言うな的な、おまゆうは

もちろん、でもだからこそ、漫画原作が素晴らしく見えてしまった・・・

そんだけ原作が良いってことかもしれない

色々書いているが、まぁ好きな漫画がこんなアホみたいな映画になってたらそれは腹立たしいわけですよ!

コユキが佐藤健の時点でちょっと無茶がある。

歌わねーし・・・おそらくBECKファンの間では、コユキの歌唱力が一番気になったポイントのはずだ。
(漫画版コユキが歌を歌うと、どんな大物レーベルのプロデューサーでも驚愕する描写がある)

あとは竜介のギターテクとかかなぁ。平くんのベース、サクのドラム、千葉くんのラップも気になってはいたが・・・

まぁ、そもそも出演者を見た段階でそんなことを期待していた自分がいけないんだと思う。

そんなことをこの映画に期待しても何にも意味がないわけで・・・強いていうなら桐谷健太のラップは個人的には好きだったくらいだろうか。

あと竜介と妹の真帆役に、水嶋ヒロと忽那汐里が出演していたが・・・多分英語話せる若手俳優と若手女優というキャスティングの結果なんじゃないだろーか・・・

別に全部英語のセリフなわけではないんだからやり方とか絶対あったんじゃないの・・・

総じていうのであれば、見てはいけない映画。ってか若手俳優やらを集めて映画撮ったら人が来るという構造を作らないためにも見てほしくない映画。漫画だけでも十分楽しめるので漫画だけ楽しむ方が無難だ。

ちなみに各俳優に対しては他意はない。映画を観て原作が見たくなったのなら、それはとりあえず、映画の意義はあったということで!

ただ、面白い脚本ないから漫画を実写化しようぜという流れはやめてほしい。製作者達は気がつかないのだろうか?漫画が大人気で知名度があるにもかかわらず、それで映画を製作した大半のの作品がいけていないということを・・・

映画もドラマも原作が漫画ってのが非常に増えてきた。オリジナルのストーリーや脚本、企画を行える人材も少なくなってきたということなのだろうか・・

余談だが、最近若者のテレビ離れとかがネット討論番組で取り上げられたりしているが、こんなレベルの作品を世にはなつ製作陣は、時代の変化とかいってないで今一度なぜ視聴者が離れていくのかを考えた方がいいのではないかと思う今日この頃・・・

素人だからこその素直な意見

― hogeru -

あわせて読みたい