U-NEXT

『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』このすば、転生リスタートもの王道:コラム的映画あらすじ評価感想・動画配信

2021-08-22

映画『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』劇場版は日本語誇るライトノベルでめっちゃ人気を博し、アニメ・漫画と展開していった角川ノベルの代表作でオーバーロー作を複数持つ世界観で構成されている。転生ものとして、確固たる人気を誇る

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Hulu- hulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアム- FOD
DTV- DTV
TSUTAYA TV- TSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
本ページの情報は2021年09月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

誰もが、もう一度生まれ変わって、まったくしがらみのない人生を送ってみたいと思ったことはないだろうか・・

最近紹介した、マジカルファンタジーな映画『今宵、212号室で』のようなリアル感のある夢の世界ではなくて、こうもっとがっつりと、違う世界に!

ファンタジー!

そう、「この素晴らしい世界に祝福を!」というアニメをご存知だろうか。

通称転スラ、『転生したらスライムだった件』を筆頭に人気を博している異世界転生系の作品の一つである。唯一違う点は、主人公がチートでもなんでもないところ。

そして通常の異世界物のルールを無視したというか、あえて反対の路線をいく作品であるところだろうか。あとギャグのクオリティの高さね。アニメ好きなら絶対笑えるシーンがたくさんあるし、何よりも下ネタとかも汚くない範囲でガッツリ織り込まれているのでシリアスな場面も面白く見ることができる名作である。

今回はこのアニメの劇場版を紹介したい!
では早速あらすじを説明をば

クエストに失敗したカズマたちは借金を返すことができないまま、途方にくれていた・・・そんなカズマたちの元に突然ゆんゆんがやってきて、紅魔の里を救ってほしいと告げられるカズマたち。自堕落でスケベなカズマたちはゆんゆんの願いを叶えることができるのか・・・

あらすじ書いて思ったけど、原作見てないと全くわかんないよね・・・w(^^♪

というわけでざっくり解説すると、

主人公カズマ、残念な女神アクア、ドMなダクネス、爆発魔法(しかも1日1回だけ)しか使えない紅魔のめぐみんを加えたパーティが、ゆんゆんというめぐみんと同じ里の少女の願いを聞き入れて里を救いに行くという話。

一応魔王とかのゲームクリアみたいな設定はあるのだが、名探偵コナンのように一向にエンディングには向かわないギャグ全開のストーリーだ。

個人的に好きなシーンを何個かあげると、まずは紅魔の里に移動したカズマたちがオークに追いかけられるところだろうか。

カズマのパーティは基本カズマを除いて全て女性なので、パーティの危機!というシーンだが、追いかけられるのはカズマ。なぜかって?オークは全て女性だから・・・(一般的なファンタジー系の作品のオークは男性で、女性をさらって襲うという立ち位置が普通)カズマは危機一髪のところでゆんゆんに助けてもらうのだが、襲われて貞操を奪われそうになったカズマは放心状態。

まぁーこの時点で異世界物のルールを度外視しているので、ギャグでしかないのだが、このシーンがまずお気に入り第一

そして二つ目がめぐみんの自宅でのカズマの下心全開のシーン

めぐみんと同じ布団で寝ることを家族に勧められた(鍵を魔法でロックされてあので強要された)シーンで、めぐみんがカズマが同じ部屋にいることでついに一線を超えたと罵るシーンだ。

あらかじめ言っておくがこのアニメは下ネタはあるけどR指定の描写はないので、あくまでギャグ的観点から描かれている。

カズマの愚行を知った他のパーティメンバーからはクズマと呼ばれて翌朝の朝食で避難を受けるカズマが痛々しい。最後はやはり、めぐみんといい雰囲気になった瞬間に敵の襲来の報告を受けたカズマがマジギレしながら敵に向かっていくところだろうか。

このシーンも笑えるオチがあるのだが、それは見てからのお楽しみにして欲しい

総じていえば確実に笑えるアニメ映画だと思う。一方で、原作のアニメを見た方が楽しめるとも思うので、アニメ→映画という流れが一番のおすすめ

そうしないと、何を書いてもやっぱり、わからない・・・

アニメ特有の表現だよね。。

余談だが、”このすば”は海外でも高い評価を得ており、おすすめシーンで紹介した内容は海外の視聴者にもめちゃくちゃ受けているようだったので、下ネタって万国共通なんだな・・・と改めて思った今日この頃

― hogeru -

あわせてみたい