韓流バナー

『ET』ハートフルな未知との遭遇!スピルバーグ監督の世界観は必見の価値あり!:コラム的映画あらすじ評価感想・動画配信

2021-04-01

映画『ET』はスピルバーグ監督の立場や地位を確実にした作品の一つじゃあないだろうか?1982年公開の映画は子供向け映画なのに宇宙を感じさせ人間(大人)の無力と子供の冒険心などすべてを満たす新しいジャンルの幕開けだった

動画配信状況・無料フル視聴できる配信サービスまとめ

おすすめの動画配信7サイトでのサービス提供状況です。
無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

Huluhulu
U-NEXT- U-NEXT
FODプレミアムFOD
DTV- DTV
TSUTAYA TVTSUTAYA
AmazonPrimeVideo- Amazon
Netflix- NEXTFLIX
<>
本ページの情報は2021年10月時点のものです。
最新の配信情報は各配信サイトにてご確認ください。

映画ショートコラム あらすじ中心ネタバレ含む

外出自粛が始まった去年あたりから自転車に乗らなくなってしまった

以前は近所をぶらぶらしたり、通勤する際に駅まで自転車に乗ったりしていたのだが、最近ではもっぱら徒歩で移動することが増えている。そんな中久しぶりに自転車に乗ろうとしたのだが、しばらく乗らない間にタイヤの空気が完全に抜けてしまったらしく、雨が降っているにもかかわず自転車屋さんに修理に持っていった。カッパを被りながら自転車を漕いでいると、ふと今回紹介したい「ET」という映画を思い出した。

お前置きが長すぎたが、確かあの映画のポスターでも、レインコート被りながら自転車漕いでた気がする。思い出したのも何かの縁なので、紹介ついでに感想を述べていきたい。

物語は、地球の探索にきた宇宙人達が人間に見つかりそうになり、慌てて宇宙船に乗って地球から離脱したところからスタートする。彼らは人間に見つからないように慌てていたため、一人の宇宙人を地球に残してしまった。少年エリオットは残された宇宙人を偶然にも見つけ、彼との友好を深めていく。エリオットは残された宇宙人が故郷に帰りたがっていることを知ります。エリオットは、友情を深めた宇宙人を無事に彼の故郷へと送ることができるのか・・・

映画のタイトルのETだが、正式な英語はExtra Terrestrialという言葉で、まぁ地球外生命体みたいな意味合いだ。感想としては・・・うーん!まだ春だが、夏休みにピッタリな映画だと思う!なんか一夏の大冒険ていう感じのストーリーだと思った。でもエリオット良かったねぇ・・・エリオットとその友達以外は、ETを危険なやつなんじゃないかと思っているようでETを捕まえようとするのだが、

エリオット達は無事にETを守り抜いて宇宙にかえしてあげましたとさ・・・

って素直に感動してたんだけど、まぁ周囲の大人の気持ちはわからんでもない。

だって、多分アメリカの大人が考えるエイリアンなんて、シガニー・ウィーバーを追い詰めた酸性の血液でなんでも溶かしちゃう上に、口の中からもう一個口が出てくるヌメヌメしたあいつとか、密林でシュワちゃんを追い詰めた、ドレッドヘアのカニみたいな顔した戦闘部族(サイヤ人ではない。)とかだったんでしょう。

そりゃー捕まえようとするよね。というか子供達から引き離そうと思うのが大人の対応ってもんだ。でもそれにしちゃ最後まで子供に出し抜かれ続けたので、君たちみたいな大人にETを任せられるもんか!と自転車で15の夜のように空を疾走したエリオット達の気持ちがわからんでもない。

でも本当にETがハートフルなやつでよかった。子供と心を通わせるピュアな感情は宇宙共通なんだろうか。

米国の街中で民間人を巻き込みまくって市街戦かましてたドレッドの君とヌメヌメ君は自重しなさい。あとETが勉強熱心な留学生のごとく英語を学習し、カタコトではあったが言葉がわかるのが一番デカかったよね!

と素直に思ってしまった。そんな優秀なのに、序盤に人間に見つかりそうになったり、一人地球に置き去りにしてしまったりとミスをしたのはまぁご愛嬌という形だ。そして。エリオットとETが人差し指を重ねるシーンは、何回みてもなんかグッとくるものがある。

自転車で空を飛んだのも地球の子供達の冒険心をつかんでいたぜET!ハリーとロンも空飛ぶ車じゃなくて自転車からトライするべきだったな!

ただ、最後ETがエリオットを宇宙に誘ったのはいただけない。エリオットがはっきりNo!と言える少年だったからよかったものの、筆者のように曖昧な表現しかできない優柔不断野郎だと「あ〜行きたいのはやまやまなんだけど〜・・・」とか答えているうちに宇宙船に載せられてしまいそうな勢いだった。

総じて言えば、とてもハートフルで良い映画。多分ハートフル系SFの元祖とも呼べる作品ではないだろうか?他にもいろんな映画があるんだけど、なんかETの影響受けたのかな?と思える映画がたくさんあるんじゃないかと思うと、やっぱりみんなET大好きだし、それほど影響を与えた映画なんだなぁと思った。(あくまで個人の感想です。例えば空飛ぶ自転車はハリーポッターの空飛ぶ車を彷彿とさせたし、主人公達がそもそもチャリを移動手段にしていたのもなんかストレンジャーシングスを思い出した。)

最後に、ETってもう地球に来ることないのかな??エリオットはいいやつだって認識していたんだろうけど、他の連中はやばいやつくらいの認識していなかったと思うから来たくなくなってしまったのかも。月旅行とかが現実味を帯びてきた最近であれば、エリオットがNASAとかに入ってETと再会する続編もみてみたいなぁと思う今日この頃・・・

― hogeru -

あわせて読みたい